想像できずに起こってしまうのが車の事故です。その状況でどんな作業したことが原因となり、自動車の保険料の受け取り額も相当変わることも想像されますので正確な判断と行動が大切です。考えていない出来事に遭遇して冷静さを失ってしまえば大事な状況を見失ってしまい後々己が大損を負わされる場合も想像できるので自動車事故を起こしてしまった場合は正確に次に記述した対応を行いましょう。交通事故の遭遇したケースで第一にする事は怪我をした方の状況を確認する必要があります。車の事故直後は頭の中が真白になって何も出来ない状態になってしまう状況があり短期間で行動を起こせないのが現実です。怪我をした方がいた場合は危険ではないところに移して処置をし、救急車を呼ぶなど人命救助の優先に努めることが重要です。救急車を呼ぶ時には適切な事故の場所を知らせて不確かな場面では近くの目を引く建物や番地名を知らせて事故現場の場所が分かってもらえるようにします。その後で警察署へ連絡し事故が起こった事と現状を告げます。救急車と警察の到着を待つ内に相手側のことを聞きます。名前、住んでいるところ、連絡先、免許車のナンバー事故の相手の保険の会社名のような互いのことを交換します。その場面で相手に違反があったような時には、事故現場で解決しようとすることが存在しますが事故現場で片付けるのではなく、どの状況であれ警察や自動車保険の会社に報告して、正しく調べてもらうようにしましょう。各々の連絡先を言ったら他の人の障害にならないように邪魔な物を路上からどかします。もし障害物が車の妨げになっている場合は自分と相手の情報交換をするより早くそれを完了させても大丈夫です。そして自分自身の入っている保険屋さんに電話を入れ、自動車事故が発生したことを電話します。事故から特定期間の内に車の保険会社に連絡しておかないと、保険の適用外に事態もあるので時をおかずに電話を入れることが必要です。可能ならば事故内容の様子として、携帯などを使って状況や車の破損状態の写真を撮ります。この証拠写真は落ち度の割合決定するとても重要な手がかりとなりますので、己のクルマや相手の車の壊れた箇所を正しくカメラに残しておきましょう。その状況で目撃者がいたのなら警察の人や保険会社の人が来るまで現場に待って頂くように頼むのも重要です。