予期せず、突発的に遭遇するのが自動車事故です。この場面でどんな処理した内容がポイントとなり保険金の支払額も相当変わることも想像されますので間違えない判断力と行動が大事です。考えもしないケースにあって平静さを失ってしまったならば大事な対処を逃してしまいそれから己がとても大きな損をする場面も想像できるので交通事故をした場合は的確に以下に記述した対処をします。自動車の事故の遭遇した場合に最初にするべきは怪我をした人がいるかどうかのかを確認する必要があります。自動車事故直後は動揺して喪心状態になってしまう状況があり短期間で動けないのが当たり前です。その場合、怪我をした方がいた場合は危険ではないところに移してできる限りの手当をして周りの人に助けを求める等要救助者の最優先を心掛けましょう。119番通報する状況では明確な事故の場所を知らせ良く分からない場所では辺りの目を引く学校や番地名を連絡して事故が起こった位置が分かるようにします。次に警察へ連絡して車の事故が発生したことそして現在の様子を伝えます。救急車とパトカーの到着を待っている内に負傷者の事を調べます。名前、住所、電話番号、ナンバープレート、相手側の自動車保険の会社名などなど各々の情報を言います。その時事故相手にミスがある状態では、現場でやりくりしようとすることが考えれますがすぐにうやむやにするのではなく、どの場面であれ警察や自動車の保険会社届け出て、公平に調査してもらいます。各々の連絡先を交換したら交通のさまたげになるのを避けるために障害物を道からどけます。万が一妨げになった物が通りかかった人の自動車の障害物になっている時には、各々の情報交換をするより先にその対応を終わらせてしまっても問題はないです。その次に自分自身が加盟している保険屋さんに電話をし自動車事故が起きた事を電話します。特定の時間内のうちに車の保険会社に知らせておかないと車の保険の適用外となる場合もありますので気がついたらすぐに連絡を入れることが欠かせません。可能ならば交通事故の証拠になるように手持ちのカメラやスマホ等を使って事故現場やマイカーの破損状態の写真を撮ります。これは責任の割合決定する時に大きな手がかりとなるので自らの愛車や先方の自動車の破損を正確に証拠に残しておくことが大事です。目撃者がいるのであればおまわりさんや自動車保険会社の人がやってくるまでその場所にいてもらえるようにお願いするのも必要不可欠です。