車の事故があった際、自分が自動車事故の被害者であるにもかかわらず、向こう側が責任をひとつも容認しないケースは多数存在します。仮定として、故意に起こしたかったのではなくちょっと気が抜けて追突した場面などにこういう口論に結果なってしまう可能性がありがちです。だからと言って、その場で車のみの「物損」されて数ヵ月後に症状が出た時に、行った病院の診断書を警察に出すのでは対処が遅れるのは否定できません。そうであるならば、自動車での事故の過失割合の決定にはどういう風な目処があるのでしょうか?細かく言えば警察署が認定するのは車での事故の大きな落ち度が認識されるのはAかBかという事柄であり、過失の割合がどうなのかというわけではありません。もっと言えば、最終的に決定された責任者が警察署から公表される事は有り得ないです。従って、どちらに何割過失があるのかは事故にあった両者の話し合いによって決定された、この結果が賠償の算定基準です。この際に、関係者全員が任意で加入できる保険に未加入の状況では双方が面と向って話し合いしなければなりません。ところが、当然そういった調整では、非論理的な応報になる場面が存在します。互いの言い分が食い違えば悪くすると、裁判所に進みますが、それは長い年月と訴訟費用かなりの損失は避けられません。これにより概ねそれぞれのドライバーに付く自動車の保険屋さん、この両方の自動車の保険の会社に調整を全て任せる対応を利用して、ちょうどよい割合を慎重に決めさせるのです。その場合保険の会社は、過去の自動車事故の裁判が行われ、出た判定から決められた元となるもの、判例集等を元に推定と交渉によって「過失割合」を決定します。そうであっても、自動車事故の際には遭遇してしまったのか起こしてしまったのかを考える前に真っ先に110番に連絡するのが原則です。その後で自動車の保険の会社にやり取りをして、対応を任せるのが順番となります。この順序さえ分かっていれば、双方の無益なやり取りとなる状態を未然に防止できるに違いありません。