愛車を買い取ってもらう際、車の売却手続きの時も印鑑証明書が必要です。ロスミンローヤル 評判

この印鑑証明について解説していきます。過払金返還請求の手続きを依頼する

印鑑証明書とは実印として認められているということを証明する正式な書類です。

これがない場合にはその印鑑について実印で間違いないかどうかが証明できません。

大金が動く商談になる中古車の売却ですから、どうしても実印が必要になりますがそれと同時に印鑑証明が必要となるのです。

印鑑証明を実際に発行するためにはその前に印鑑証明をすることが必要です。

登録する印は正式には実印といい、同じものが二つとない判子でなくてはなりません。

この印を持って、最寄の市町村役場の取次ぎ所へいけば印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードがもらえて、登録した印は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには、市町村役場の案内係へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて印鑑登録カードを出す必要があります。

また、自動交付機で印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはないのです。

なのでいつの印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は消えないということになります。

ですが車買取のときには必須条件として現在より3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。

通常は有効期限などはありませんが自動車の買い取りの時は、買い取る側が必須となる有効期限を定めていますのでもしも自動車売却の予定があるとしたらはじめに持っておくことが必要です。